(耕論)こども「家庭」庁は映す 山崎ナオコーラさん、友野清文さん、本多真隆さん

有料会員記事

[PR]

 2023年度の新設を目指す「こども家庭庁」。予定していた名称「こども庁」に急転直下、「家庭」の2文字が加わった。そこに見える、子どもと家庭へのまなざしとは。

 ■個が束ねられ、消えたよう 山崎ナオコーラさん(作家)

 「こども家庭庁」と聞いた時、「どうして人を個として見られないの」とうんざりした…

この記事は有料会員記事です。残り3468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら