国民「賛成」、進む野党分断 新年度予算案、衆院を通過

有料会員記事

[PR]

 過去最大の総額107兆5964億円を計上した新年度予算案が22日、衆院本会議で自民、公明両党と、野党の国民民主党による賛成多数で可決され、参院に送付された。政権運営の柱である当初予算案に野党が賛成するのは極めて異例。憲法の規定で3月23日までの成立が確実となった。▼4面=野党から批判

 国民民主…

この記事は有料会員記事です。残り1430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。