(論壇時評)変容する「家庭」 「理想」との隔たり、向き合う時 東京大学大学院教授・林香里

有料記事

[PR]

 「こども家庭庁」設置法案が月内にも閣議決定され、2023年には同庁が創設されるというニュースが入った。

 表向きには「こどもまんなか社会の新たな司令塔」を謳(うた)う役所だが、土壇場で「こども庁」に「家庭」という2文字が加えられた。結果的に、子どもたちの人権重視や命優先の視点の結実というより、日本…

この記事は有料記事です。残り2307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    内田良
    (名古屋大学准教授・教育社会学)
    2022年2月24日16時0分 投稿
    【視点】

    「家庭」の厄介なところは、それをベネフィットとリスクのどちらに結びつけるか、どちらを想像しやすいかによって、まるでその言葉に期待することが異なってくる点です。林香里さんの主張は、リスクに目を向けるものであり、私自身もそうです。 統計数理研