(評・映画)「焼け跡クロニクル」 失った「人生」と見つけた光

有料会員記事

[PR]

 2018年7月27日、京都に住む映画作家原將人の自宅が火事になった。家は全焼し、自宅にあったフィルムもすべて焼ける。子供たちを連れて避難しながら原は「もうこれで映画作家としての自分の人生は終わりか」と思ったという。

 1968年、高校在学中にフィルムアートフェスティバル東京でグランプリを獲得して天…

この記事は有料会員記事です。残り550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら