処理水放出「容認できぬ」6割 東北3県被災地、市町村長

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出について、朝日新聞が岩手、宮城、福島3県の計42市町村長に尋ねたところ、6割近くが「容認できない」「どちらかというと容認できない」と回答した。茨城の計9市町村では、反対姿勢を示した首長はいなかった。

 対象は、津波被害に遭った沿岸部や原発事故で避難指示が出され…

この記事は有料会員記事です。残り482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら