猫ブーム、まずは命の尊さを 記者サロン

有料会員記事

[PR]

 ■まなび つながる 広場

 長く続く猫ブームの影響で、猫への関心がこれまでになく高まっています。「ニャン・ニャン・ニャン」と読めることから「猫の日」とされる2月22日、朝日新聞社ではオンラインで、記者イベント「『猫の日』に考える 日本の猫たちのこと」(協賛・花王)を開きました。長く動物愛護活動に…

この記事は有料会員記事です。残り3527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら