(東日本大震災11年)避難を考える:下 「想定外」減らす備えとは 陸前高田の防災士・佐藤さんに聞く

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災から11年。「想定外」を減らし、いざというときに命を守るため、なにができるでしょうか。岩手県陸前高田市の防災士・佐藤一男さん(56)に、事前の備えや心構えを聞きました。

 ――1月のトンガの海底火山の噴火では、陸前高田市でも避難指示が出ました

 危険なエリアなのに逃げない、という人は少…

この記事は有料会員記事です。残り918文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら