ロシアへ抗議、国際連携に亀裂 協力見直し・ISSなど宇宙開発に暗雲

有料会員記事

[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻で、科学の国際プロジェクトや共同研究の停止や見直しが相次いでいる。ロシアに対する科学者からの抗議の声がやまず、今後の連携は難しい状況だ。ロシアが重要な役割を担う宇宙開発などに大きな影響がでそうだ。

 「ロケットは国旗がないほうが美しいと判断した」――。ロシアの宇宙機関ロ…

この記事は有料会員記事です。残り2865文字有料会員になると続きをお読みいただけます。