IR計画、冷ややかな「合意形成」 住民向け公聴会 反対意見反映1点だけ 大阪府・市

有料会員記事

[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の賛否が割れる中、国が自治体に求める「地域の合意形成」が焦点になっている。大阪府・市は住民向けの公聴会を踏まえ計画を修正したが、反対した参加者の意見はほぼ反映されなかった。一方、事業者の要望には様々な条件を変更して応じており、住民の懸念にどう向き合うかが問わ…

この記事は有料会員記事です。残り1426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。