ロシアを非難しないアジア ウクライナ侵攻 アジア総局長・翁長忠雄 

有料会員記事

[PR]

 「侵略ではない。ロシアは主権を維持しようとしているだけだ」

 約1年前にクーデターを起こして権力を掌握したミャンマー国軍の報道官は2月25日、ロシアのウクライナ侵攻についてそう述べた。欧米から厳しい制裁を受けているミャンマー国軍にとって、ロシアは国際社会で数少ない支援国だ。

 ミンアウンフライン国…

この記事は有料会員記事です。残り892文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら