日銀、景気判断引き下げ 大規模緩和は維持 物価上昇見通し

有料会員記事

[PR]

 日本銀行は18日の金融政策決定会合で、新型コロナの感染拡大を踏まえて景気判断を引き下げ、大規模な金融緩和の維持を決めた。ただ、ロシアのウクライナ侵攻による資源高を受けて物価見通しは引き上げ、黒田東彦(はるひこ)総裁は「消費者物価の上昇率が4月以降、2%程度になる可能性もある」との見解を示した。▼3…

この記事は有料会員記事です。残り547文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら