(日曜に想う)「それは自分だったかも」の共感 論説委員・沢村亙

有料会員記事

[PR]

 ここで起きていないからといって、それが起きていないことを意味しない――。最後の字幕には、そうあった。

 少女が住むロンドンが突然、戦場になる。平和な日常が悲劇に塗りかわり、難民となった少女から表情が消えていく。NGOセーブ・ザ・チルドレンが8年前に公開した90秒の動画は、もちろんフィクションである…

この記事は有料会員記事です。残り1474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら