東海第二、定まらぬ避難 移動に難題、計画策定進まず 運転差し止め判決1年

有料会員記事

[PR]

 周辺自治体の避難計画の不備を理由に、日本原子力発電東海第二原発茨城県東海村)の運転差し止めを命じた水戸地裁の判決から18日で1年がたったが、避難計画が未策定だった9市町村のうち新たに策定した自治体はゼロのままだ。移動手段の確保や新型コロナ対策が難題となり、担当者は頭を悩ませている。

 東海第二…

この記事は有料会員記事です。残り1797文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら