(書評)『不謹慎な旅 負の記憶を巡る「ダークツーリズム」』 木村聡〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■野次馬精神で観光でなく「観影」

 かつて欧州写真紀行『千年の旅の民 〈ジプシー〉のゆくえ』で一途な報道カメラマンらしい叙事と叙情の手並みを示した著者の、主に国内を巡る週刊誌連載が一冊にまとまった。

 岩手県大槌町の旧町役場と東北の「震災遺構」に始まって、八ツ場ダム原発問題で町内が割れた瀬戸内海

この記事は有料会員記事です。残り811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら