(記者解説)危機の30年とロシアの侵攻 冷戦後の失敗教訓に、秩序再構築を 編集委員・三浦俊章

有料会員記事

[PR]

 ・ロシアのウクライナ侵攻は、冷戦後の秩序作りに国際社会が失敗した証しである

 ・グローバル化と自由民主主義の手放しの礼賛は、専制とポピュリズムの台頭を招いた

 ・負のスパイラルをたどった「危機の30年」から歴史の教訓を学ばなければならない

     ◇

 国境を突き破って進む戦車、砲撃で崩れる建物…

この記事は有料会員記事です。残り2175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。