(あるきだす言葉たち)これよりの 北杜駿

有料会員記事

[PR]

八ケ嶺(やつがね)の霞(かす)みてひろき牧場かな

照鷽(てりうそ)の喉(のど)紅(あか)らめて謡ひけり

鷽姫の琴弾き遊(すさ)ぶ小径(こみち)かな

漣(さざなみ)のたえず噪立(さわだ)ち春疾風

一礼をして汲(く)み上ぐる泉かな

これよりのいのち流るる雪解水(ゆきげみず)

水澄みやか緑澄みやか山葵(わ…

この記事は有料会員記事です。残り187文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載あるきだす言葉たち

この連載の一覧を見る