景況感、7四半期ぶり悪化 資源高・コロナ再拡大 3月短観

有料会員記事

[PR]

 日本銀行が1日に公表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、企業の景況感を示す指数が7四半期ぶりに悪化した。ウクライナ情勢の緊迫化などによる資源価格の高騰や、新型コロナウイルスの感染再拡大が主な理由だ。▼2面=先行き不安

 今回の調査は2月24日~3月末に行われ、ロシアのウクライナ侵攻後初…

この記事は有料会員記事です。残り621文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら