(大志 藤井聡太のいる時代)躍動編:1 タイトル数より「中身の濃さ」、最優秀棋士賞に

有料記事

[PR]

 2021年4月1日。東京・将棋会館に、棋戦を主催する新聞社の記者らが顔をそろえた。各棋士の活躍を表彰する将棋大賞の選考会。焦点となったのは「誰が最優秀棋士賞に選ばれるか」だった。

 20年度、藤井聡太(19)は7月に史上最年少で初タイトルを獲得し、翌月には二冠(王位・棋聖)に。銀河戦朝日杯将棋オ…

この記事は有料記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント