排出の減少「25年までに」 気温上昇1.5度目標達成には―― IPCC報告書

有料会員記事

[PR]

 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は5日、最新の評価報告書を公表した。産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑える世界目標の達成には、2025年までに温室効果ガス排出を減少に転じさせる必要があるとした。現状のままでは、今世紀末の気温上昇は3・2度に達するという。実現の道は確実に狭まっており…

この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら