政府専用機で20人到着 住居・就労支援へ ウクライナ避難

有料会員記事

[PR]

 ロシア軍によるウクライナ侵攻から逃れた人々のうち日本への避難を希望した20人が5日、日本の政府専用機で到着した。政府が確保したホテルに一時滞在するなどし、本人の希望に沿った居住地に向かう。ウクライナ危機で国際社会との協調を重視する岸田政権は、異例の措置で支援に積極的な姿勢をアピールするが、安定した…

この記事は有料会員記事です。残り681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。