ウクライナ侵攻「絶望やめます」 本屋大賞に逢坂冬馬さん 独ソ戦描いた「同志少女よ、敵を撃て」

有料会員記事

[PR]

 全国の書店員が「いちばん売りたい本」を投票で選ぶ第19回本屋大賞が6日発表され、逢坂冬馬(あいさかとうま)さん(36)の長編小説「同志少女よ、敵を撃て」(早川書房)に決まった。

 第2次世界大戦時、ドイツ軍によって母親を惨殺され、女性だけで編成された狙撃小隊に入ったソ連の少女が主人公。スターリング…

この記事は有料会員記事です。残り635文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら