(耕論)「コロナ鎖国」と日本社会 勝田吉彰さん、村山綾さん、山岸敬和さん

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍での厳しい水際対策で、留学生ら訪日を切望する人たちの足止めが続いた。「コロナ鎖国」とも言われたこの措置は、私たちの社会のどんな姿を示しているのだろうか。

 ■厄介な「ゼロリスク信仰」 勝田吉彰さん(渡航医学専門家)

 危機管理の原則は、えたいが知れないときはまず厳しく対応の網をかけ、だん…

この記事は有料会員記事です。残り3494文字有料会員になると続きをお読みいただけます。