(はじまりを歩く)幼稚園 東京都文京区 子の主体性を育むのは遊び

有料記事

[PR]

 東京都文京区大塚。春休みを前に梅がほころぶ千坪の園庭で、子どもたちが駆け回る。

 「これ、見て!」

 プラスチック製の虫かごを突きつけてきたのは、3歳児クラスの男の子だ。目をこらすとダンゴムシが1匹。「よく捕れたねー。さっきのテントウ虫は?」。先生に促されると、男の子は虫かごを傾け、葉の裏側にいる…

この記事は有料記事です。残り3836文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント