(耕論)戦うべきか、否か 篠田英朗さん、想田和弘さん、山本昭宏さん

有料会員記事

[PR]

 ロシアの侵攻に対し、ウクライナ国民が一丸となって抗戦している。一方で、激戦により多数の犠牲が出て、虐殺の報告もある。侵略を受けた時、戦うべきか、戦わざるべきか。

 ■犠牲覚悟で原則守る意義 篠田英朗さん(国際政治学者)

 日本では、「これ以上犠牲者を出さないためにウクライナは降伏するべきだ」とい…

この記事は有料会員記事です。残り3504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年4月15日9時34分 投稿

    【視点】三者三様の「論」をじっくり読みました。どれも頷ける部分がありオピニオン欄の醍醐味だと思いました。 なかでも山本昭宏さんの《戦争経験者が減っていき、実感にもとづいた平和論を語れる人がほとんどいなくなった。平和が安全保障の言葉だけで語られ