性被害、声上げる日本映画界 「監督が強要」告発、抗議次々

有料記事

[PR]

 3月に公開が予定されていた、性被害を描いた映画「蜜月」の榊英雄監督から、過去に性的関係を強要されたと俳優たちが告発し、直前に公開が中止された。榊監督は「強要はなかった」と否定。ほかにも映画界での性被害の告発が相次ぎ、映画監督や作家らが性加害撲滅を訴える声明を出す事態になっている。

 ■公開中止に…

この記事は有料記事です。残り1401文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント