EV電池再利用、日産加速 福島の事業所、普及に備え

有料記事

[PR]

 日産自動車が、東日本大震災の被災地、福島県浜通り地区で、電気自動車(EV)に使われる資源を有効利用しようとしている。EV用電池のリサイクルや、再生可能エネルギーによるEV充電といった取り組みだ。将来的なEV普及にそなえる狙いがある。

 ■CO2排出減/下取り価格上昇も期待

 日産は昨年2月、福島…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り1013文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント