私の子宮は、奪われた 子ども望めず、捨てられた赤ちゃん探した、何度も 強制不妊手術、実名で語る

有料記事

[PR]

 「生理がなくなる手術がある」。14歳の時、看護師に言われるがまま子宮を摘出する手術を受けた。本当の意味は誰も教えてくれなかった――。旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた女性が4月、名前と顔を明かして初めて取材に応じた。背中を押したのは、同じ被害者らが大阪と東京で勝ち取った判決だった。(村上友里)

この記事は有料記事です。残り1718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。