(時時刻刻)生煮え、こども家庭庁 設置法案、論戦スタート 幼保一元化見送り、器が先行

有料会員記事

[PR]

 岸田政権の重要政策の一つである「こども家庭庁」設置関連法案の国会審議が19日、始まった。政府は子ども政策を「真ん中に据える」ために設置すると主張する。だが肝心の政策の中身は乏しく、子どもたちが直面する困難の解決となるかは見通せない。

 岸田文雄首相は19日の衆院本会議でこども家庭庁を新設する意義…

この記事は有料会員記事です。残り2049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。