マリウポリ近郊、集団墓地か ウクライナ「戦争犯罪の証拠隠滅」 ロシア、東南部の完全支配目標

有料会員記事

[PR]

 ウクライナ南東部マリウポリの近郊で、集団墓地とみられる穴が3月下旬に大量に掘られていたことが、最新の衛星写真から判明した。マリウポリ市当局は21日、同市で殺害された多くの遺体がロシア軍によって埋められている可能性があるとした。ウクライナ側からは、「戦争犯罪の証拠を隠滅している」との批判も出ている…

この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら