プラごみ削減へ、「紙」で歯磨き 名古屋の企業開発

有料記事

[PR]

 チューブに入った歯磨き粉と違い、プラスチックをほとんど使わない「歯磨きペーパー」を名古屋市の会社が開発した。宿泊施設のアメニティー用品として今月から予約販売を始め、すでに東京や京都、沖縄の複数のホテルへの納入が決まった。使い捨てプラ製品を減らすよう企業に求めるプラスチック資源循環促進法が1日に施行…

この記事は有料記事です。残り321文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント