(世界発2022)干ばつ2年、飢えるケニア北部 政府、「国家災害」を宣言

有料会員記事

[PR]

 「アフリカの角」と呼ばれる大陸北東部で、2年に及ぶ干ばつが続いている。生活の基盤である家畜を失った牧畜民たちは、餓死の危機にさらされている。(モイテ、マルサビット〈ケニア北部〉=遠藤雄司

 ■生活の柱のヤギが…家畜143万頭超死ぬ

 風が吹くと、マスク越しにも死臭が鼻をついた。目の前では、50…

この記事は有料会員記事です。残り2635文字有料会員になると続きをお読みいただけます。