映画界の性暴力、調査求める 俳優ら「劣悪な労働環境、温床に」

有料記事

[PR]

 映画監督から性的関係を強要されたとして告発した俳優や、支援する映画関係者らが27日、「映像業界における性加害・性暴力をなくす会」を立ち上げ、性加害の実態調査や第三者機関の設置を求める声明を発表した。

 会のメンバーは、脚本家の港岳彦さんやカメラマンの早坂伸さん、俳優でアクティビストの石川優実さん…

この記事は有料記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント