スズキに不正疑惑、欧州拠点など捜索 ディーゼル排ガス検査で独検察

有料会員記事

[PR]

 ドイツ検察当局は27日、自動車大手スズキがディーゼル車の排ガス検査をめぐり、検査時だけ有害物質を抑える装置を使っていた疑いがあるとして、同社の欧州拠点などを捜索したと発表した。2018年までに販売したディーゼル車2万2千台以上で不正をした詐欺の疑いがもたれている。

 スズキが欧州で販売した小型車「…

この記事は有料会員記事です。残り335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら