(声)ごみを拾い続ける走者に感銘

有料会員記事

[PR]

 農業 大塚浩子(茨城県 62)

 4月17日、茨城県で「かすみがうらマラソン」がコロナ禍の中止を経て3年ぶりに開かれ、私たち夫婦も走りました。待ち望んでいたランナーたちは、みんな晴れやかな表情でした。そんな中、3キロごとの給水所でいただくドリンクの紙コップを、ごみ箱に入れずにポイ捨てする参加者が少…

この記事は有料会員記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る