(大志 藤井聡太のいる時代)躍動編:4 作家が見た「フィクション超え」のきらめき

有料記事

[PR]

 青春小説の主人公のように登場して以来、藤井聡太(19)の驚異性を評する際に用いられてきたフレーズが「フィクション超え」である。大仰な表現とは笑えない。14歳で成した史上最多の29連勝を手始めに、小説や漫画で描かれるような物語を現実の盤上に紡いできた。

 2021年5月。創作の設定を超える棋士が初防…

この記事は有料記事です。残り657文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント