(記者解説)侵攻が変えた経済秩序 相互依存のジレンマ、有事に鮮明 経済部・青山直篤

有料会員記事

[PR]

 ・米中貿易摩擦、コロナ禍に続く戦争で、冷戦後の国際経済秩序は転換期を迎えた

 ・グローバル化が民主化につながるとの期待は破れ、経済的手段の「武器化」が進んだ

 ・体制の異なる国同士の相互依存と競争が一体で進む。リスクへの対応が求められる

     ◇

 ロシアのウクライナ侵攻後、米国は欧州や日本と…

この記事は有料会員記事です。残り2191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら