専門家軽んじ、実現性検証せず 英語民間試験・記述式見送り 大学入試センター・山本広基前理事長に聞く

有料記事

[PR]

 31年続いた大学入試センター試験が昨年、大学入学共通テストへと大きく変わった。今春、大学入試センター理事長を退いた山本広基氏(74)の歴代最長となる9年の在任期間は、この入試改革の歩みと重なる。記述式問題の導入と英語民間試験活用の決定から頓挫、コロナ下で昨年実施された第1回共通テスト、今年の共通テ…

この記事は有料記事です。残り1901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年5月2日9時9分 投稿
    【視点】

    政治圧力で実行不可能なことを強行しようとし、多くの人を混乱させただけに終わった。この事態をどう総括するか。 本紙2019年12月6日「英語民間試験活用、下村博文氏が口火」という記事では、「民間を活用しろ、断固4技能にするんだ、という(