(天声人語)ネクタイ氷河期

有料会員記事

[PR]

 連休中、百貨店で迷子になった。目指す商品は1階フロアの目立つ場所に置いてあったはずだ。別の階で売り場を見つけたが、広さは以前の半分もない。ネクタイはだいぶ苦境にあるらしい▼現況を聞こうと、東京ネクタイ協同組合を訪ねた。国内の主なメーカー二十数社からなる団体だ。「肌感覚ですが業界全体で売り上げはコロ…

この記事は有料会員記事です。残り460文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2022年5月2日6時12分 投稿

    【視点】(常見陽平の天声人語)ネクタイとは何だろうか?  「そうか、ウチには父がいないんだ」ネクタイを通じて、そう思い知らされた。中学校は、ブレザーだった。冬はネクタイ着用が義務付けられていた。祖父も父も他界していたので、家にネクタイの結び方がわ

連載天声人語

この連載の一覧を見る