(きみが生まれた日)通勤途中、ネズミに一目ぼれ ガンバ×斎藤惇夫さん

有料会員記事

[PR]

 ■「身近な存在」主人公に格上げ/安保闘争の経験も重ね

 「ガンバ」が生まれたのは、デビュー作の「グリックの冒険」を書いている時のことです。

 26歳だった私は、福音館書店の編集者として働いていたのですが、何か心が満たされないと感じていました。「ふるさとに帰りたい」という思いもあり、シマリスのグリッ…

この記事は有料会員記事です。残り1579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら