(学校体育:2)「先生」は地元クラブのコーチ 狙う体力向上、チームも知名度アップ

有料会員記事

[PR]

 子どもたちが両手で持った球を、ポーンと頭の上へ放り投げる。拍手を1回、さらに自分の頭を触ってから、落ちてくる球をキャッチする。

「できた、できた!」

 弾んだ声が、そこかしこからあがった。

 神奈川県相模原市の市立小学校で行われた体育の授業だ。子どもたちに手ほどきするのは教員ではない。サッカー・J…

この記事は有料会員記事です。残り1139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。