(コミック)『真夜中の訪問者』 ハトリアヤコ〈著〉

有料記事

[PR]

 ■心のざわめきを安らぎに変えて

 人と人が出会い、交わり、やがて離れて、また近づいて。その時々に灯(とも)る小さな光のようなものを繊細かつユーモラスに描いた著者初の単行本となる短編集だ。

 「真夜中の訪問者」は、距離を置いていた通山くんと秀島くんの再会から始まる。あの時の心残りは、意外な形で通山…

この記事は有料記事です。残り414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント