新年度、公立で教員不足相次ぐ 自習続き・教頭が授業…子どもの学習に影響

有料記事

[PR]

 新学年が始まった各地の公立学校で、必要な数の教員が配置されない事態が相次いでいる。少人数教育の目的で配置された先生が担任に回るなどし、子どもの学習に影響が出ている。専門家は長時間労働などで教職が敬遠されていることが背景にあるとして、労働環境の改善を訴えている。(高浜行人、編集委員・氏岡真弓

 …

この記事は有料記事です。残り1525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!