ロシア産石油禁輸、日本も協調 時期は示さず サハリン権益は維持

有料会員記事

[PR]

 岸田文雄首相は9日、ロシア産石油の輸入を段階的にやめていくことを表明した。ロシアへの制裁を強めるG7で協調した。ただ、エネルギー資源の安定調達を考慮し、禁輸の時期は示さず、官民が出資する極東サハリンの資源開発の権益は維持する方針もあらためて示した。

 G7首脳は8日(日本時間9日未明)、オンライン…

この記事は有料会員記事です。残り973文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら