難民認定最多74人、申請2413人 昨年、ミャンマー情勢影響

有料記事

[PR]

 出入国在留管理庁は13日、2021年に難民と認定した人は過去最多の74人(20年比27人増)だったと発表した。難民認定はしていないが、人道的配慮が必要として在留を認めた人も20年の44人から580人に増えた。いずれもミャンマー人が多くを占め、21年2月に発生した国軍によるクーデターが影響した。

 …

この記事は有料記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント