(日曜に想う)虐殺に駆り立てる「空気」の正体は ヨーロッパ総局長・国末憲人

有料会員記事

[PR]

 首都キーウ(キエフ)の北約80キロ、ウクライナ北部のイワンキウは人口約1万人の田舎町である。チェルノブイリ原発に近いものの、事故による大規模汚染を免れた農業地帯。2月24日に侵攻を始めたロシア軍は、ベラルーシから南下して恐らく最初にここに到達し、占領した。

 4月に訪れた現地の住宅街には、大穴が開…

この記事は有料会員記事です。残り1484文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら