埋め固められる、野鳥のすみか 絶滅危惧種が繁殖、近くコンクリ工事も 大阪万博予定地

有料会員記事

[PR]

 2025年の大阪・関西万博会場予定地の人工島「夢洲(ゆめしま)」で進む地盤改良工事によって、湿地や砂利に生息する絶滅危惧種の野鳥などのすみかが脅かされている。保全策を求めてNGOから大阪市への要望書が相次いで出されたほか、住民監査請求もなされた。

 大阪湾にある夢洲は、1977年から埋め立てられ…

この記事は有料会員記事です。残り1217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。