(短歌時評)分断と他者 山田航

有料会員記事

[PR]

 「角川短歌」3月号の落合直文をめぐる座談会にて、吉川宏志が「自分と無関係な他者を歌うというのが近代短歌の始まりの一つのメルクマール」と発言している。古典和歌では自分と無関係な他者はあまり歌われない。「他者」というのは、近代の国民意識の発生の賜物(たまもの)なのだという。

 近代短歌における「他者」…

この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら