ネコ・イヌから感染、「出血熱」ご注意 致死率2割超、昨年109人報告

有料記事

[PR]

 ネコやイヌから、致死率が2割を超える「出血熱」の一種に感染する人が出始めた。もとはマダニが媒介していたが、発症した動物の体液に触れたり、かまれたりしてうつったとみられる。死亡者も出ている。専門家は飼い主、獣医師らに注意を呼びかけている。

 「もうろうとして家族のことすら考えられなかった。感染を防…

この記事は有料記事です。残り1288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。