「発達障害」診断ない学生の支援は 引き継ぎ乏しく、把握に課題

有料会員記事

[PR]

 発達障害との診断は受けていないものの、その傾向がある「グレーゾーン」の大学生。学生生活や就職活動に困難を感じても支援につながらず、就職が決まらぬまま卒業や中退をしてしまうケースも少なくない。支援団体などは、このような学生の把握や切れ目のない支援の必要性を訴えている。(鈴木彩子、塩入彩)

 ■留年…

この記事は有料会員記事です。残り1668文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら