(語る 人生の贈りもの)崔洋一:10 沖縄ロケ即決、歓楽街や米兵も

有料会員記事

[PR]

 ■映画監督・崔洋一

 1984年、赤川次郎原作の角川映画「いつか誰かが殺される」を撮りました。原作では少し触れているだけの満州(中国東北部)の物語を膨らませ、スパイ映画にしようと思いました。試写を見た赤川さんが「これは僕の原作じゃありませんね」とおっしゃいました。「その通りでございます、先生。申…

この記事は有料会員記事です。残り670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る